車査定で得する方法は?中古車査定ガイド

  • 車査定で得する方法は?中古車査定ガイド TOP

車の査定は重要です


車は消耗品なので、調子が悪くなってきた時に手放すという人は多いはずです。
また、最初は気に入っていても、長年使用していると飽きてしまい、乗り換えをしたいと思うこともあるでしょう。
その時に車を売って、新しい車を購入する場合、大切になるのが査定です。
査定とは、愛車の価値を判断してもらうことで、その価値に応じた値が付きます。
下取りであれば車の購入価格から差し引くことができますし、買取であれば車を現金化して、車の購入資金に充てることができます。
つまり、査定額が高ければ高いほど得をするということです。

しかし、オーナーの中にはこのことを良く理解しておらず、妥協して愛車を手放してしまう傾向があります。
「その金額ならいいかな」とか「営業マンがそういうなら信じよう」という軽い気持ちで売ってしまう人が多いです。
査定額はちょっとした工夫で数十万円アップさせることだって可能です。
10万円という査定額だったものが40万円や50万円で売れるというケースも珍しくありません。
そうするとお金をかけずに新しい車を買うことができるので、経済的負担を大幅に減らすことができます。

査定アップは、それほど難しいことではなく、ちょっとコツを覚えるだけで、どなたでも行うことができます。
高額査定を引き出すためにも、査定について学んでみてはいかがでしょうか。

 

 

業者によって査定額が違う


「車なんてどこに売っても大して変わらない」と思っている人も多いかもしれませんが、それは大きな間違いです。
愛車に30万円の値をつけるところもあれば、50万円や80万円といった値をつけるところもあります。
また、10万円という値をつけるところもありますし、査定はできないと断るところもあります。
このように車の査定額は、どこで見てもらうかのによって、大きく変動すると思ってください。
では、どうして査定額に違いが現われるのでしょうか?

査定額に違いが現われる理由は、「査定方法」「査定士のレベル」「需要」が業者によって異なるからです。
車に詳しい方であれば知っているかもしれませんが、買取業者とディーラーでは査定方法がそもそも異なります。
買取業者は加点法、ディーラーは減点法という方法で査定額を算出します。
加点法は中古車市場の相場を基準に良い部分を加点していくというもので、減点法は自社で決めた価格から悪い部分を減点していくという方法です。
どちらが査定額が高くなりやすいのか明らかですよね?
ディーラーだと減額されることはあっても上乗せされることはないので、一般的に買取業者に売った方が高くなります。

また、査定士のレベルも業者によって異なり、レベルが高い査定士がいるところほど細かいところまで見てもらえるので査定額が高くなります。
そして、その業者によって在庫の関係で、需要がある車と需要がない車というのがあります。
需要がある車であれば査定額が高くなりますし、無い車だと査定額が安くなります。

こうした理由から業者によって査定額が異なるので、複数の業者に査定を依頼して、どこで売ったら一番お得なのか比較してみてください。
口コミから人気の青汁を調査
脱毛サロンランキング